事件に巻き込まれやすい

出会い系サイトを利用すると事件に巻き込まれやすい?
正直申し上げますと正解です。
しかし、それは少し前の時代です。

確かに出会い系でトラブルは多かったのです。
特に児童がわいせつされるという事件が多発し、一時期問題になりました。
他にはデート商法や美人局などサラリーマンが狙われることが多かったです。

実際知り合いも高い宝石のローン契約をしてしまったというのがあります。
だが、現在は出会い系経由で事件に巻き込まれるというのは激減しました。
なぜ激減したのか?

犯罪自体は減っていないのです。
むしろ増えているくらいです。
これはどういうことなのか?

あくまで出会い系経由での犯罪が減っただけなのです。
増えているのはLINEなどのメッセージアプリ経由での犯罪です。
特に児童が犯罪に巻き込まれるケースがアプリ経由で激増しているのです。

どうしてアプリ経由になったのか?
それは出会い系の利用制限が強化されたからです。
身分証のコピーを送付しないと利用できなくなったのですね。

なので正規な出会い系であれば18歳未満の児童は出会い系を利用できません。
それと犯罪をする人も身分証を送付するのに抵抗があるようです。
ただ、身分証を送付するといっても名前や住所などの個人情報は塗りつぶしても大丈夫なのですね。

勘違いしている方は身元がばれてしまうのを恐れて利用しないのす。
なので出会い系を利用しなくなったのです。
逆にメッセージアプリは、児童も利用できます。

それにアプリグループわけができます。
そこで出会いを探そうとおもえば探せます。
そで犯罪はそっちに流れたのです。